総量規制が原因でキャッシングに影響がある人とは

お金を借りるという場合、友人や親などの身近な人から借りるという方法もありますが、借りる額が大きい場合や人からお金を借りることに対して抵抗を感じるという場合には、銀行や消費者金融などから借りる事になるでしょう。ここで問題となってくるのが、いくらの融資を受けることが出来るのかということです。実は、消費者金融などの貸金業者は申込者の年収に応じて、貸し付けることが出来る金額には制限を設けています。これが総量規制と呼ばれるものです。総量規制では、キャッシングで貸し付けることが出来る金額は年収の3分の1以下であることが求められます。つまり、既にキャッシングを利用しており、その金額が年収の3分の1程度である場合には、新たな融資が総量規制が原因で断られてします可能性があります。
また、専業主婦は総量規制が施行される前であれば貸金業者からお金を借りることが出来ていましたが、施行されてからは収入がありませんので、融資を受けることは出来なくなりました。お金を借りたいという場合には、総量規制の対象とはならない銀行を利用するしかありません。
年収が低いという事は、借りることが出来る金額も低いという事になりますので、思ったようにお金を借りることが出来ないと感じている人もいるかもしれません。
なお、この規制が施行されたことで、最も影響を受けたのは、アルバイトやパートとしても働いておらず、自身に収入がない専業主婦かもしれません。